COMENTSThe Homesicks ファーストフルアルバム『春夏秋冬』

東京で暮らす今だって、ヤツらの魂は白銀の雪原を照らす朝陽の如く眩いんだ!

怒髪天 増子直純

Homesicksがアルバム?9年ぶりでしかもファースト!フル!アルバムだってか!?
なめた奴等だぜー!どうしても聴かなきゃならないようにしやがる!!
奴等に巡った9回の春夏秋冬がここに凝縮!メロウだぜ!!

ザ50回転ズ ダニー

ノザキ君と出会って、かれこれもう十年程経つのでしょうか。
たまに会っても、見た目も笑顔も声も話し方も、変わらない人だなあと思ってました。
アルバムを聴いて、言葉や歌い方、リズムやメロディを浴びた時に、
僕たちはやっぱり変わらないけれど、確かに何かを積み重ねて生きて来たんだなと思いました。
素敵なメンバーに出会い、彼も僕も遅過ぎるスタートを楽しんでいます。

the coopeez 藤本浩史

ガリガリに荒削りした鉛筆で、心の壁に走り書きされたメッセージ。
とにかくもう、ずかずかと土足で胸に入ってくるんです。
で、なかなか出ていかないんです。笑
その遠慮の無さが心地良いんです。

変わりゆく人や時代に流されない力強さ、またその厳しさ。
そしてその中での進化。
初心を醸し出し続けることの大切さ…。

全てが勉強になります。

スモゥルフィッシュ 磯部和宏

ええぞええぞ、The Homesicks
不器用なまま突っ走れ!!
それでこそ北の男じゃないか!!
吠えてやろうじゃないか!!!

THEイナズマ戦隊 上中 丈弥

数少ない同郷生まれの僕は、並んだタイトルだけで泣けます。北国は寒いから心の中が燃えてないと死んじゃうんだよね。そういう生まれ持ったバックボーンが言葉と音楽の隅々にある。一発勝負録音のピリッとして気持ちよく揺れる感じ。出会ったときのまんまロックです。尖ったまんま。かっこいい。これが世に出ることが嬉しい!

THEイナズマ戦隊 久保裕行

高校の頃、インディーズバンドの特集で釘付になったバンド。熊谷で観た初めてのライブ、意を決してお願いした四年前の対バン、そして今コメントを書いてる。紙袋の中身は嬉し泣き

THE INTEGRAL POULTRY

The Homesicksとは10年以上前に出会った。
その頃から何度も対バンしている。
しかも僕と同じ北海道出身。
そんな彼らが今までの活動の集大成とも言える初のフルアルバムを発売する。
アルバムを聴く前からそのニュースだけでグッとくるものがある。

出会った頃に比べて、
今のノザキくんの歌は「強さ」に加え「優しさ」を感じる。
しかもそんじょそこらの優しさではない。
幾つもの困難を乗り越えた歌い手にだけ宿る「優しさ」。

本当の「強さ」と「優しさ」を兼ね備えたロックンロールは無敵だ。

さあ、The Homesicksで君の人生を奮い立たせろ!!

HERE 尾形回帰

大人になったリアル孫悟空、ジュンヤの声が突き刺さってくる。
時には野獣の如く、時には蝦夷の大地に逞しく咲く花の如く。このレコードはなまらヤバイぞ!!!

river(ロマンチック日本代表!!!) コオタロマンチック

ハートをエグられた!!!!!!
ホームシックにかかっちまったよ!!!!!!!!!

レッドシューズ支配人 古居"RIO"良一

月曜日に勇気をくれるアルバム!
仕事に疲れたサラリーマンの悲しい嘆きではあるが、
まさにその悲しき思いを力に変えてくれる曲が沢山詰まっていたよ。
落ち込んでいて元気が出ない人やこれから元気に走り出そうと思っている人に聞いてほしい。悲しい気持ちや暗い思いを逆に力に変えて走り出す手助けをしてくれるはず。

ZINE FES主催 時岡 誠一郎

ヘッドホンからこぼれ落ちそうなほど、痛快なロックンロール!
「ここから出してくれ!!」と言わんばかりに目の前に迫ってきます。

この音が鳴っている中で手を伸ばしたら、本当にここから抜け出して、どこかに連れて行ってもらえそうな気がしてきちゃいます。
ライブで聴きたいなあ。
そして
ギタリスト的にはおいしいフレーズが盛りだくさんなので、こっそりマネしちゃおうと思ってます。笑

BARBARS 湊 梨央子

ここから先は、もう大丈夫だ。忘れたいことはそりゃあるけど、これからは季節の変わり目も怖がらずに歩いていけそうだ。僕には僕だけの春夏秋冬があるから。君には君だけの春夏秋冬があるから。僕らにはこのCDがあるから。

THE BOYS&GIRLS ワタナベシンゴ

春、夏、秋、冬、年中季節に関係なく情熱を降り注ぐ。
いつだってこの人達はオーディエンスやリスナーをブッチ斬る。
鋭利な刃物ではない、斬られた時に優しい風さえ感じるその刃物に僕は何度でも斬られていたい。
そんな先輩達の、僕達の宝刀が此処にある。

Cell The Rough Butch 登 翔一

十代のあの頃の無敵感。
でもそれはガラスの様に脆い。
あの頃と変わらない輝きを持っていられるって素敵じゃないか。
このアルバムを聴いたらガラスの破片が刺さった様でチクチクしています。

オトノエ(札幌)

悲しい時には、そっと側に居てくれるThe Homesicks
ロマンティズムとリリシズムを備えた名曲達に、僕は終始ニヤニヤしてしまった。
ロックンロールってそうゆうことやろ?

ブリキオーケストラ 多田羅 幸宏

日々の生活を過ごしながら、頭の中では常に音楽が鳴っている。頭を休ませようとしても、音楽が鳴り続けてしまう。その音楽をようやく盤に封じ込められたんだろうな。若造には出せない音が鳴ってる。9年振りの新譜で解き放たれた新生THE HOMESICKS、ヤバイ!!!

The Jerry 長内雄太

伝えるってこういう事。本気ってこういう事。人間ってこういう事。
『商品』と呼びたくない。これは感情とカリスマ性が爆発した至高の『作品』だ。
どこか北海道の風景を感じさせる『春夏秋冬』。このコメントを読んだ人にもぜひ体感して欲しい。

月光グリーン テツヤ

CDをセットします。
プレイボタンを押します。
すると、

覚めることのない彼らの夢が、あなたの身体に寄り添って、弱さを形にしてくれます。確認することで優しくなれるでしょう。

もしもあなたの夢が覚めたって、The Homesicksが物語の続きを歌ってくれます。一緒に歌いましょう。

彼らの開口部から、春夏秋冬、何年間も垂れ流されてきた素直で純粋なバンドサウンドの結晶が聞こえてくるのです。俺の身体にも寄り添って。

BAZRA 井上鉄平

「ミエダさん!アルバムに一言お願い致します!!」

「ことわる!」

BAZRA ザ・ミエダタクヤ

The Homesicksの、熱くて暖かくてちょっぴり切ない世界観、僕は好きです。

男一匹、前進あるのみ。

一生青春してこうぜ!

これからもよろしくね!

DJ-namijin (HEADROCK/NUMBER.42)

弱さや願いが
この力強い歌声には込められてる。
だから
忘れないでくれ
という言葉にグッとくる。
春夏秋冬を聴きながら
札幌でのささいな記憶が 
ふと出てきては消えていった。
そんなドラマチックなアルバムです。

シュリスペイロフ
宮本英一

バンドマンなんて、たいていどうしようもない人間だと思う。
でもどうしようもない人が頑張ってる姿は可愛いと思う。
ホームシックスって凄くいい名前だと思う。
応援しています。

澁谷 悠希 【ギタリスト】

朝の苦手な通勤時間に
突然イヤホンから流れてくる春夏秋冬で
なんでもない、いつもの道がドラマみたいだなって思いました。
アルバム発売おめでとうございます!
これでお家でもホームシックスに元気をもらったり、踊らせてもらったりできる!やったー!
盤が砕け散るほど聴きこんで、ライブに遊びにいきまっす!

ザ・ゲルピンズ パオ

ノザキジュンヤは必ずライブで毎回叫ぶ「音楽は素晴らしい」…
このアルバムを聴いて涙が流れた。
この涙が僕の感想だ。
音楽は素晴らしい!!!
ザ・ホームシックスは素晴らしい!!!
こんな素晴らしいアルバム出来るんだったら10年近く出さなくて良かったんじゃないかな。

怪盗ザ・デッドボール 怪盗銀次郎

刺激や遊び心、光や闇も詰め込まれたアルバムだなぁ、と思いました。
演奏から汲み取れる衝動の中に存在する何処までも透明で研ぎ澄まされた魂を感じます。
「忘れないで」と言われなくても忘れられない一枚になりそうです!

魅起法則

曲を作る人なら誰しもが一度は挑戦するのが、春夏秋冬な曲。古くは四季の歌や泉谷さんの春夏秋冬など、沢山ありますが、ホームシックスのが俺的歴代ナンバー1です。もしかしたら、ナンバー3ぐらいかも知れないですが、この3日ぐらい聞きまくっているし、お祝いだし、やっぱりナンバー1です。
まあ、とにかく歴代の春夏秋冬達に並ぶ名曲なのは間違いないと思います。
この発売を機に、正式に日本人の春夏秋冬ランキング入りです。
ここから勝ち上がって行ってな!

シャク&リハビリーズ シャク

聞くタイミングのせいもあったかもしれないが
あまり乗らない地下鉄の、あまり乗らないラッシュ時に聴いたとある曲が胸に刺さってから
彼の歌詞の世界を私は知っている事に気づいた
都会で夢を観ていた私、そして辿り着いた今のこの私
ノザキジュンヤの力強い声とステージングからか?少し忘れかけていた
本当の凄さが詰まっていた。
追記
きっと色んな人がこの"1stアルバム"の制作に関わっていると思うが
私はギタリストであり国民の弟の「赤堀超太郎氏」に賞賛とありがとうを送りたい
ソノ時というのはやはり自分で作り出すしかないと教えてくれたのだから。

FRUITSEXPLOSION LEE

ワシのホームってどこなんだ?
ホームシックスの叫びを聴くと毎回そう思わされる。
バンドマンとして、唄い手として、人間として、今、何を守ればいいのか、何処に攻めればいいのか、心を揺さぶられる。
そんなバンドは稀だ。

ハンサム判治(ハンサム兄弟/ウクレレ大使)

「音」と「楽」の隙間を これでもか!と埋めるように、あらゆる感情がギュッと詰まった 結果「音(喜怒哀)楽」を鳴らしているロックバンド。
季節や心の移り変わりを横目に、それでも前に進もうとし続けるホームシックスの歌達は、どこまでも優しかった。

ザ・ラヂオカセッツ 山下秀樹

僕にとってホームシックスはヒーローです。いくつもの春夏秋冬を繰り返してできたCDを産み落とされた瞬間に立ち会えて光栄です。本当におめでとうございます。

再生ボタンを押してからの数十分で確信しました。

ホームシックスは僕だけのヒーローではなくなります。今年ジャパニーズロックシーンにでかい風穴開けて大暴れします。

新世界リチウム 松野康平

ホームシックスほんとにアルバム完成おめでとうございます。もう何年も前にライブで初めて"春夏秋冬"という曲を聞いた時から何度聞いても毎回感動している。そして、今回、前に聞いた時よりも感動している。前聞いたときより少し年を重ねたからかもしれません。それはホームシックスの音楽は流行(はやり)を超えるものがあるって事だと思います。老若男女問わず全員に聴いてほしい。その時、その時の自分に突き刺さる音楽だと思います。

新宿Marble店長 鈴木賢介

喜怒哀楽って言葉、僕は好きです。喜んで、怒りまくって、哀くて、それでも楽しむ。僕がホームシックスが好きなのは、その全てが彼らの中にある気がするのです。この前、僕は30年前に好きだった女性に久々に会ったのですが、凄く綺麗でビックリしました。なぜか、、ホームシックスを思い出しました。

新宿ジャム 石塚

JAM FES 2014のタイムテーブルを作成しながらホムシの「春夏秋冬」を聴く。
疾走感あふれる曲達に包まれながらリズムに合わせてPCのタイピングをする!なんてはかどるんだ!!!!(本当すよ!是非お試しアレッ!)
僕が感じた「春夏秋冬」のイメージに合う曲達をセレクトしてみよう!
「春」…picnic man
「夏」…フィッシュマン
「秋」…ピリカレラにのせて
「冬」…水になれたら
あぁ…センチメンタルな気持ちにさせられたと思ったら急に元気にさせられる。
季節そのものが詰まったアルバムだと思います!まさに「春夏秋冬!!」

JAM FES実行委員長 / 新宿JAM 副店長 カズマックス

「 The Homesicks 」
彼ら4人のRock'n Rollは
美しく真っ直ぐだ。

限りなく削ぎ落としたシンプルで
ソリッドなバンドに、
体の芯から練り出される
ノザキジュンヤのボーカルが一気に放出する。

数多くのライブを越えてきた、
彼らライブバンドの生きた音。

そう、それは格闘する者にしか
得ることのできない
本物の証(音)がここにある。

西荻窪waver 大和田浩司

曲サッと聴いて褒めときゃいいだろなんて思ったら大間違いだった。
もう何周したんだ、ずっとリピートで聴いている。

俺たちを知ってくれ!って
俺たちを見つけてくれ!って
毎晩、何千何万ものミュージシャンの鳴き声が聞こえる。
力を持った人なら一人でも一組でも多く、日の目を浴びて欲しい。
The Homesicksもその一組だ。
友達だから応援してるんじゃないよ。良い音楽を創って唄っているから、だから当然そうなって欲しい。
ここ数年、The HomesicksのLIVEに足を運べていないし、偉そうな事は言えない。
ただ、今自分は勝負の真っ最中で、The Homesicksもこの春夏秋冬で正に勝負に出たわけだ。
The Homesicksのカッコ良い姿、思う存分見せ付けて。ヤバいイベント組んだら俺も見せ付けるから。んでもって本気の勝負しよう!!
それにしてもPAINT PAINカッコ良いなぁ。

宮川企画 宮川

武蔵野音楽祭をはじめて今年で8年。
TheHomesicksとは、僕が武蔵野音楽祭立ち上げ当初からお付き合いですよ。
気がついたら長いお付き合いさせてもらってるな。

1stフルアルバムリリースおめでとうございます。
TheHomesicksのアルバムずっと待ってました。
このリリースは、死ぬほどうれしい。
音源もらってから聞けば聞くほどライブに行きたくなる。
どーしてくれるんですか!?

責任とってこれからもたくさん武蔵野音楽祭出てくださいね☆

追伸
ボクは、「水になれたら」が以前ジュンヤくんに音源化熱烈に直訴しあくらい好きです。

武蔵野音楽祭 がっち

えいとびーと飛び乗って部屋飛び出したメロディが、キミの元へ帰って来たよ。止まったら死んでしまうから、もっともっとスピート上げろよ、えいとびーと!頭振って、ココロ揺らして、迎え入れろ!これがろっくんろーる!これがThe Homesicksや!

ベルノバジャムズ/ちくわテイスティング協会/わっしょうキヨシ/etc
ヤスエでんじゃらすおじさん a.k.a. YDO

家路の途中、何処からか
突然鳴り出すヤカンの音に
驚きつつも懐古する。
大きくなった今だって
忘れられないことがある。
さぁ早くウチに帰らなきゃ。

CHROTO イトキン

ホームシックスの音楽は、北の大地にそそり立つ樹氷のように透き通っていて、鋭くて、優しくて、美しい。

西洋のロックに対してコンプレックスを抱かなくてもいい。
日本にはホームシックスがいるから。

この透明な衝動が沢山の人の心に深く突き刺さりますように。

SUNDAYS 宮田 誠

嘘みたいにかっこよくて嘘みたいに優しい音楽が
嘘みたいに嘘なく届く最高の11曲だった
待ちに待ってた甲斐があった
音楽は素晴らしい
THE HOMESICKSは素晴らしい

LIE-DOWN 篠崎

その辺にポロッと転がっている”日常”を、こんなに強引に、センチメンタルに奏でることが出来るバンドを、他に知りません。

The coridras 杉本健人

ときたまドキッとするような人間らしい言葉に意思を持つ風のようにぶつかり、絡み合う音たち。
もっとこの世界の中で踊っていたいと思った。
懐かしさ、泥臭さ、ロマン。
男だったらこんな風に生きてみたい。

Chima

人はずっこけてすりむいてしまうのは、前に進んでるからだと思ってる。立ち止まってちゃころびもしない。
ただそこで、もう一度立ち上がれるか。そこには実は、ひとりの力では無理な時がある。助けてくれて、けつをひっぱたいてくれるのは、
仲間であり、そして音楽だったりする。
ホームシックスのメンバーや音楽は、おれにとって、ずっこけてしまった時に、手をひっぱってくれる力強い仲間だ。

まだいけるだろ?
そうやさしく歌ってくれてる夕焼け色のロックンロールだ。

おめでとう。

太陽族 花男

札幌でTHEVOXというバンドをやっていた頃、なぜか誰にも負ける気がしなかった。(もちろん太陽族にも 笑)
でも、唯一カンフー着を着てブロックチェックのVANSを履いた四人組のバンドが出てきた時少しドキドキした。
見た目は全然変わったけど変わってなくて良かったよ。
これからもドキドキさせて下さい。
ホームシックス初フルアルバム発売おめでとう!

太陽族 りょう

真っ直ぐだね。切ないくらい。まるでジュンヤの目と同じだな。

LONEOSOME DOVE WOODROWS
ターシ

理屈じゃない
四人の春と夏と秋と冬が聴こえるレコード

名盤完成おめでとう!

Bar White Room ますたートオル

ホームシックス、今までどこにおってんな!?
こんな名曲ばかりで、うちのスピーカーが震えてるぜまったく!
さあ早く俺たちの春を、夏を、秋を、冬を、ホームシックスのロックンロールで塗り潰してくれ!

騒音寺 こーへい

どんどん失われていく季節に対するメッセージが、時には力強い言葉で、時に優しさに溢れたメロディで散らばめられている。 春夏秋冬、ファーストにして大傑作。彼らの季節はもうそこまで来ている。

タム(騒音寺、HONEY MAKER)

俺の音楽人生 数多くいるお先輩バンドの中で 唯一兄貴と呼ばせて頂いてるジュンヤ兄貴。

この新しいアルバムはジュンヤ兄貴の純粋な世界観、魂 が存分に感じ取れる素晴らしい作品。

兄貴の歌はとにかく胸に刺さる。

そしてこれこそ

ジャパニーズ・ロックンロール・アルバム。

ラスト 春夏秋冬で涙。

The Homesicks、最高。

アシュラシンドローム
青木亞一人

ジャガ ジャガ ジャーン
じゃが じゃがで かっこゆー
(*○ノ∀ヽ○*)テレ

ヘイヘイヘヘイヘーイ
おじゃがのワルツで♬
キラッ(・ω´・+ノ)ノ三♪”

The Homesicksさんのおうたを聴いていたら
ぼくもますますイメメソ男爵になるじゃがー(^ω^)

東京都檜原村公式キャラクター
ひのじゃがくん

とにかくカッコ良くて気分が揚げ揚げになるアルバムポテ!

気持ちが冷~め~た~て~の時も、聴いたら身体の芯からあ~げ~た~て~!になるアルバムポテ!

とってもあ~げ~た~て~!のこのアルバム!地球のみんなに聴いてもらいたいポテ!

フライドポテト人間(おおたさゆり・トゥインクルコーポレーション)

TOPへ戻る