Ba. 明星 ナオト / Dr. ミイダ シンジ / Vo. ノザキ ジュンヤ / Gt. 赤堀 超太郎

2014年
7月 ファーストフルアルバム『春夏秋冬』を全国リリース〜リリースツアー
8月 盟友HEREとのツーマンライブにてツアーファイナルを成功させる。
9月 怒髪天主催『カムバック・サーモン2014』に出演。
11月3日 札幌スピリチュアルラウンジにて2014年をもっての活動休止を発表

2013年
1月と4月の二回、東京・渋谷「残響ショップ」にてインストアライブを行う。
観覧無料で行い、投げ銭額により決定する企画を設置し「10万円でアナタのために1曲作ります」「1万円でアナタだけへのスタジオライブ」を行った。
6月 西荻窪にある音楽スタジオ「UEN」にてスタジオワンマンライブを企画。すべて手作りのイベントで行いソールドアウトで成功を収めた。

2012年
自主企画「KITANOSORA SWING」を、下北沢シェルターにて3カ月毎(1、4、6月)に開催。
9月 札幌スピリチュアルラウンジでワンマンライブを行う。12月 Ba.明星ナオト正式加入。

2011年
札幌時代から行っていた自主企画「KITANOSORA SWING」を2年ぶりに下北沢シェルターで復活。

2010年
自主制作盤CDを販売開始。札幌のライブでは、毎回100枚を超える販売数を記録。

2009年
3月 イギリスの国民的ロックバンド「Oasis」の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演にて、1万人のオーディエンスの前でオープニングアクトを務める。
小林多喜二原作、SABU監督 映画「蟹工船」のインスパイアアルバム「反撃-kanikousen inspire album-」に「ロシアンポップ~そろそろ楽になろうぜ~」を収録。年間120本のライブを敢行。

2008年
1月 活動の拠点を札幌から東京へ移す。「東京トライアルシリーズ」と題した、都内ライブサーキットを1日1本ペースで展開。年間150本のライブを敢行。都内で二度のワンマンライブを成功させる。

2007年
Gt.赤堀超太郎、Dr.ミイダシンジ正式加入。バンド表記を「The Homesicks」に改め、5月19日 札幌コロニーにて復活のワンマンライブを成功させる。

2006年
8月 「RISING SUN ROCK FESTIVAL」出演。EARTH TENT for Campersにて、怒髪天・DMBQと競演。
11月 ノザキジュンヤ以外のメンバーが脱退、活動休止となる。

2005年
5月 3rdアルバム「ココロかよわせて」リリース。リード曲「ココロかよわせて」が、花くまゆうさく原作、浅野忠信・哀川翔W主演の映画「東京ゾンビ」の主題歌となる。音楽ファンのみならず映画ファン、漫画ファンからも高い注目を集める。

2004年
CDリリースをきっかけに初の全国ツアーを決行。北海道以外でのライブ活動も頻繁に行うようになる。7月 2ndアルバム「NO TITLED」リリース。「FUJI ROCK FESTIVAL」出演。

2003年
札幌ススキノのライブハウス「COLONY」を拠点に活動が活性化。ライブパフォーマンスが話題となり、各方面から注目を集め始める。11月 1stアルバム「THE HOMESICKS(ザ・ホームシックス)」でデビュー。

2002年
ザ・ホームシックス結成。
Vo.ノザキジュンヤを中心として、北海道札幌でライブ活動開始。