転職者は多いの?

塾講師の求人に応募してくる方の中には第二新卒として求人に応募してくる方も多く、大学を卒業して夢を諦めきれずに講師になる方も大勢います。
また他の企業に長年勤務していた人が転職先として塾講師を選ぶケースも多くいので、塾講師の世界には実に様々な人材がいます。
中には働きながら大学に通って教育関係の学位を取得してから講師になるという熱意のある人めずらしくはなく、そうした方の場合には他の企業から転職してきても定着率が高い傾向にあります。
第二新卒というと大学を卒業してから塾以外の業種に就職して数年でやめた方がほとんどですが、この中から塾への転職を決める方の場合は学生時代に塾で働いていて、そのやりがいが忘れられなかったという方も少なくないのが実情です。
それだけ塾の講師の仕事はやりがいがあるということですから、他の職種にはない魅力があるのも事実なのです。
塾講師の求人に応募する場合には、応募資格が定められているケースもありますが、ほとんどが未経験者歓迎なので、転職先として探すのも悪くはありません。第二新卒でも業界未経験からの転職でも、真面目に仕事をこなしていって塾の経営者になった方やそれなりのポストに就いている方もいます。